ロボット製作を通じて科学を学ぶ教室-クレファスひたちなか校

2021年1月12日

お知らせ

失敗は宝物

お子さんは、正しい失敗を経験していますか?正しい失敗というよりも、成功より大切な上手くいかない経験と言った方が正しいかもしれません。学校教育とは管理しやすい人間を育てること。せっかくそれぞれに持って生まれた才能を、平均的に没個性的にしてしまいます。そして、子供たちは正しい答えのみ要求され続け、失敗を恐れ心配性で臆病になっていく。たかだか10年そこそこの人生で、なぜこんなに心配性になったんだろう。
これからの世の中で必要とされるのは、失敗を恐れず、全く新しい発想でどんな状況でも逞しく挑戦していく人材です。失敗は成功の裏付けです。裏付けがたくさんあった方が、その成功はゆるぎない確たる成功になるんです。ロボットを動かすうえで、たくさんのうまくいかないことがあります。そこで、そのうまくいかないデータを綿密に検討しTRY&エラーを積み重ねていく持久力・忍耐力が培われます。もし、お子さんが失敗したなんて言ってきたら、是非「それはすばらしい!それはあなたが成長するチャンスです!また一歩成功へ近づきましたね!」とほめてあげてください。

ctaのロボットメイン画像
組み立てている画像
トップへ戻る