ロボット製作を通じて科学を学ぶ教室-クレファスひたちなか校

2019年12月23日

お知らせ

FLLjr全国大会2チーム同時出場決定!!

2019年12月22日に開催されました「FLLjr(FIRST LEGO League)Junior 東日本大会」

ひたちなか校からは2チームがエントリーしました。「イチローダイヤ」:3年生3人と1年生1人のチーム。そして「スカイキャッスル」:3年生2人と1年生1人のチームです。そのなんと両チームが 全国大会へとコマを進めました!素晴らしい!

東日本大会には42チームがエントリー。全国大会を決めたのは15チーム。そして全国大会は 西日本大会を勝ち抜いた4チーム(出場14チーム中)、九州大会を勝ち抜いた5チーム(出場14チーム中)の併せて24チームが 世界大会への切符をかけてパフォーマンスします!

FLLjrは 毎年違うテーマが掲げられ そのテーマについて調べ 問題点を見つけ 解決策を見出し それをロボットmodelで製作、ポスターを作る まさにアクテイブラーニング。アメリカ発祥(FIRST社とLEGO社が主催する世界最大のロボット大会)の大会ならではですね。東日本大会では プレゼンテーション審査が行われます。5分間の持ち時間の中でプレゼン後、審査員からの質問にも答えます。

2019-2020FLLjr今年のテーマは「BOOM TOWN BUILD」新しい街に新しい建物を作ろう!世界をよくするために・環境にやさしい・人にやさしい・複数の用途をもった・強い・美しい建物と町。切り口はどれか一つで その中から問題点を見つけ 自分たちが解決していく。答えは一つではありません。参加したチームすべてが それぞれの解決策を持っています。そしてFLLの趣旨の一つに「チーム活動」があります。どのようにして仲良くなったか。ケンカした時にどう解決したのか。個々の個性を生かして 作るのが得意な子はモデル作りに、お絵かきが得意な子はポスター作りに、発表が得意な子はプレゼンの説明に。みんなで取り組みながら お互いをカバーしあって一つのものを作り上げていく。そんなチーム活動も重視されるのが FLLならでは。

ことしのFLLはスターウォーズがスポンサーとなっています。スターウォーズの世界を表現したコスプレで盛り上がっています!

ひたちなか校の2チームのそれぞれの取り組みを ご説明しましょう。

「イチローダイヤ」チーム :台風の水害につ曜消防署・・・Prezentation Award受賞

 

「スカイキャッスル」チーム :台風の風に強い病院・・・Programming Award受賞

詳しくはお見せできないのが残念!まだまだ大会は続きます!

2020年2月16日 全国大会で さらにブラッシュアップしたプレゼンテーションを披露しましょう!

頑張れ!「イチローダイヤ」「スカイキャッスル」!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ctaのロボットメイン画像
組み立てている画像
トップへ戻る